電話エッチとホテルで大興奮!

Dさんとは出会い系でやり取りをして、デートをしたのですが想像以上にいい雰囲気になってしまいました。

さびしい別れ際

そんなデートの別れ際、ショッピングモールの駐車場に停めた車の中で、かなり激しいディープキスをしてしまいました。

本当はその後、ホテルに行ってセックスしまくりたい気分でしたが、双方にその後、用があったので我慢しました。

Dさんも本当はセックスしたかったと思います。

すごい勢いで僕の舌を舐め回していました。

電話エッチで大興奮

それぞれ帰宅した後、Dさんの家族が寝静まった後、LINE通話でエッチしてしまいました。

僕にいやらしいことをたくさんささやかれて、Dさんは息を荒くして感じていました。

僕は電話エッチはほとんどしたことなかったんですが、とても興奮しました。

人妻が旦那がいる家で、旦那に隠れてオナニーしているということを想像するだけで、たまりませんでした。

Dさんは感じすぎて、「はやくもう一度会いたい」と言っていました。

それは僕のほうも同じで、結局、2日後の夕方、会うことになりました。

次こそ、セックスをと僕は相当意気込みました。

二回目はホテルに直行

二回目に会った時は、僕の車でホテルに直行しました。

そうなるのであれば最初に会った時からそうすべきだったかとも思いますが、一回目にキスだけにとどめておいたから、二回目が燃えたのだと思いました。

車の中で我慢できなくて、やはり商業施設の駐車場の中に停めた車の中で、僕はDさんにキスしながら、体をまさぐりました。

ショーツの中に手を入れたところ、この上なく熱く濡れていました。

車の中でセックスしたい気持ちを必死で押さえながらホテルへ。

ホテルに着いてからも、部屋に向かう途中の廊下を歩きながら、キスしまくり、体を触り合っていました。

そして、部屋に入るなり、僕はDさんをベッドに押し倒し、スカートをまくり上げ、パンストとショーツをむしり取るように脱がせ、むき出しになったアソコを舐めまくりました。

Dさんは「シャワー……シャワー」と言いながら最初は抵抗していましたが、僕の執拗な舌攻撃に敗北して、腰をくねらせて感じていました。

「童貞じゃないじゃん」とも怒られました。また会いたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です