夏に出会えた女子大生とのPCMAX体験談

夏になったものの、長雨続きだったため、室内にいることも多く、海にも行けなかったので、スタイルのよさそうな女性をPCMAXで探しました。

相手も夏のために水着を購入したり、ダイエットに励んだりしたものの、折角の努力の成果を見せることが出来ずに、悶々としている女性が多かったように思えます。

その為、意外とよさそうな女性と早い段階で知り合うことになりました。

連絡先交換までの流れ

メッセージを送ったところ相手もすぐに乗って来ました。

雨ばかりだったので、海にもいくことが出来ず毎日暇だというようなことを言っていました。

そのため、彼氏もいなかったので話し相手が欲しかったようでした。

折角の夏という事だったのに、寸前で彼氏と別れたらしく、ストレスや欲求不満がかなり溜まっていたので、うまく聞き上手を装いました。

相手の話に相槌を打つような感じで話を進めていると、結構いい感じになってきました。

彼女は自分から積極的に前に出たいタイプのようでしたので、僕は後ろから支えるような役に徹しました。

デートに誘うまでの流れ

暇だったので、休みの日に会おうというと、彼女もすぐに承諾してきました。

彼女も男性と実際に会うために登録したのでしょうから、特に障害になるものはなくすぐに会うことになりました。

数日あったので、彼女は家にいることが多く、折角のダイエット成功もリバウンドしつつあったのでいまから、また頑張ってダイエットをするというようなことを言っていました。

その後毎日のように夜になると、連絡を取り合うようになりました。

とはいえ、話の中身は他愛の無いことばかりでした。

会うまでの時間、なるべく焦らしながらもいい感じのムードを保てるように心がけました。

彼女は積極的に話題を振ってくるので、ひたすらその話題に合わせるようにしていました。

特に困ったこともなく、1日1日が過ぎ去っていき、ようやくデートの日を迎えることになりました。

準備万端で街後我れたデートの日をやっと迎えることが出来たというような感じでした。

2人とも普段着で会うことになりました。

出会った女性

  • 女子大生
  • ダイエットでリバウンドしたのかややぽっちゃり
  • 身長は155センチくらい
  • 典型的な大阪出身の女性で
  • メイクはやや濃いめ
  • 大阪出身の女性らしくはきはきとしていました
  • 男性からすると好き嫌いがはっきりと分かれそうなタイプでした。

デートの内容

この日も雨で、夏にしてはやや寒い日でした。

女性がかねてから行きたかったというデートスポットに行くことになりました。

それなので、周りを見渡すと、カップルは相当数いました。例年ならそれ以上いたのかもしれません。

終始肌を寄せ合い歩いていました。

見た目は大阪の女性で話好きですが、予想以上に寂しがり屋のようでもありました。

男性がそばにいないと、夜も眠れないというくらいのようでした。

そのためストレスや欲求不満は相当溜まっているようでした。

特に、高級店に行くわけでもなく、ショッピングにしても飲食店にしても庶民レベルの店ばかりでした。

僕にとっては付き合いやすいタイプでした。ここは好き嫌いがはっきりと分かれてしまうのかもしれません。

居酒屋へ行くと、大阪出身の女性らしく、平気で下ネタを言ったり、まくしたてるように話し始めました。

裏では相当寂しがり屋であることが分かるような話し方でもありました。

お酒もかなり飲んでいました。

あまり飲みすぎて記憶もなくなるようだと困るので、きりの良いところを見定めて、メインのホテルへと向かうことになりました。

女性も最終的にはH目的で登録していたので、誘う手間は省くことが出来たので良かったです。

女性も待ちわびた感があったので特に違和感を感じることも何もありませんでした。

せっかちな大阪出身の女性そのものだったので、早くホテルに行って行為を始めようといったような感じでした。

そのため足早にホテルへと向かうことになりました。

部屋に着くと、せっかちなので、シャワーを浴びることもなく、キスをし始めました。

女にとってはこの瞬間を相当待ちわびていたということが手に取るように分かりました。

ホテルに行った体験談

普段から積極的で男を攻め立てることが大好きだったようで、手馴れた手つきでフェラをし始めました。

「もう、こんなに堅くなっちゃって、嫌らしい」と言うと、激しくしごき出しました。

あっという間に彼女の口の中に発射すると、特に何も言うことなく、騎乗位を始めました。

女王様にでもなったような感覚が好きなようでした。汗だくになりながら、自分の気のすむまで、体中を使って上下に動いていました。

「あぁぁぁぁぁ、久しぶりで気持ちいい」と言うとハメ潮まで吹きだしました。

その後も駅弁の体勢になっても、自ら腰を振って応戦し続けました。

行為が終わると「あぁ、気持ちよかった」と言い出しました。

夏が終わるまでのわずかな時間、この後も何度か会うような間柄になりました。

PCMAXのメリットとは?

夏は男女問わず開放的になるので、成功率がかなり高まるようです。

冷夏だと室内がメインになりますが、暑い夏ですとさらに確率が上がるのでしょう。

夏に向かうにつれ彼氏がいない女性は相当焦り出すようです。

ひと夏の思い出を作りたいと思う女性はかなり多いです。

そのため、7月20日過ぎになると、いつもよりもワンランク上の女性と付き合える可能性は高まります。

あまり急がずに寸前まで待ち構えると、残り物には福があるかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です